電話して相談する

水のコラム

これって大丈夫?洗面所の水が濁る原因とは?

2020年06月17日  洗面所のトラブル


無色透明できれいな水が出てくるのが当たり前と思っている水道から、濁った水が出てきたら、心配になりますよね。衛生面や安全性なども気になるところです。ではなぜ、水道水に、濁りが発生してしまうのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

紅茶みたいな色の水が出る

「洗面所の水を出したら紅茶を薄くしたような色の水が出た!」急にこんな現象が起こったら、驚いてしまいますよね。しかし、水道水の変色の中でもよく聞くのが、この赤水のトラブルです。赤水といっても、紅茶を入れたときのような透明感のある赤い色から、黄色っぽい色、赤銅色に濁ったものまでさまざま。朝、水を出した時や長期間家を留守にしていた時に起こりやすく、主な原因は給水管や水道管内の錆です。

水道水には殺菌のために塩素が混入されていることはご存知でしょう。しかし塩素には、金属を錆びさせてしまう性質があり、金属系の水道管などでは水道管内に錆びの塊である「錆コブ」ができることもあるのです。そうした錆がはがれて鉄が水に溶けだすことで赤水が発生します。また、近くで水道工事があったときなどに、一時的に赤水が出ることもあります。
金属製の水道管は15年~25年ほどが寿命で、赤水が出始めると交換のタイミングです。しかし近年では、耐久性と耐薬性を考えた錆びない素材のものも増え、赤水を見かけることも少なくなりました。
赤水は鉄が溶け込んだ水なので、少量なら飲んでしまっても害のあるものではありません。
しばらく水を流しっぱなしにすることで、多くの場合は解消されます。水がきれいな透明に戻れば、いつも通り使用してかまいません。

水の濁りにもいろんな色があった

水道水の濁りは、赤水だけではありません。給水管や水道管内部に使われている素材などによって、さまざまな色の水が出ることがあります。また、自然現象によって色が変わって見えることもあるので、普段とは違う水が出てきたときには、よく観察してみましょう。

白い水
蛇口から出てくる水が、白色に濁っていることがあります。コップなどに入れて、しばらく置くと透明になる場合は、水に気泡が混入したことによるものなので心配はいりません。蛇口から勢いよく水を出した時などによく見られますが、水に混ざった気泡がとても細かいため白く濁ったように見えるのです。
問題になってくるのは、時間をおいても白く濁ったままの水です。

自宅内の給水管に亜鉛メッキ鋼管が使用されている場合、腐食によりメッキが溶け出して水を白く濁らせることがあります。近年ではこのタイプの給水管を新しく設置することはなくなりましたが、既に設置されている給水管の中には、亜鉛メッキ鋼管が使用されていることもあります。
亜鉛は水がとどまっている時間が長いほど、水に溶け込みやすいので、朝一番の水などが白くなることが多いようです。バケツ一杯分くらい流してみて、透明に戻ればそのまま使用することができますが、頻繁に続くようだと腐食が進んでいる可能性もあります。腐食が進むと鋼の部分が露出して、今度は赤錆が発生するようになります。こうなってくると、その給水管は寿命といえます。
白い水が続くときは給水管の交換も必要になる可能性があるので、専門業者に相談してみてください。
亜鉛の溶け込んだ水は、少量なら飲んでしまっても体に害はありません。

青い水
浴槽に張った水が青く見えることがあると思います。これは光が水中で散乱して見えているもので、水質の異常ではありません。浴槽が黄色っぽい色の場合、茶色に見えることもあります。
給湯器などの配管に銅線が使われている場合、銅が水に溶けだすことで青くなることがあります。蛇口から出てくる水が明らかに青いという場合は、透明のコップに水を入れ、白い紙などに透かして確認してみて下さい。わかりにくい場合は、ミネラルウォーターなどと比べてみてもいいでしょう。
しかし銅がしみ出したものなら、はっきりと判別がつくほど青くなることはほとんどありません。
あまりにもはっきりしているようなときは、別の原因も考えられるので、すぐに専門業者に連絡してください。

黒い水
洗面所で黒い水が出てきたらかなりびっくりしてしまうかもしれませんね。
これは水道管内に付着した二酸化マンガンが、水の流れによって剥がされ、水道水に混入することによって起きる現象です。
実は水道水にはまれに、ごく微量のマンガンが混入していることがあり、塩素と反応することで黒い二酸化マンガンになるのです。ほんの微量ですが、蓄積することで水道水を黒くしてしまうこともあるようです。

少量なら飲んでしまっても害はありませんが、洗濯に使うと衣類が黒くなってしまう可能性もあります。
黒い水が出たときは、水が透明になるまで流してみましょう。

水道局に連絡する前に確認しておくこと

水の濁りは、何らかの原因による水質異常です。気になるときは地域の水道局に相談してみましょう。
相談する時は事前に次のことを確認しておきましょう。

・水が濁っていたのは使いはじめだけか
・混合水栓の場合、お湯側かお水側か
・洗面所など特定の場所だけか、それとも家中か
・しばらく水を流しても濁った水が続く場合、近所も同じようになっていないか

とくに、近所でも同じような症状がある場合は水道本管での異常が考えられます。その場合は水道局による点検や修理が行われることになります。
自分の家だけ、または特定の場所だけといったときは自宅内の給水管で異常が起きている可能性があります。大きな工事になることも考えられるので、信頼できる業者に調べてもらうようにしましょう。

心配なときは迷わず相談しましょう

洗面所で使う水は手や顔を洗うだけでなく、歯磨きやうがいをするなど、水を口にすることもある場所です。いつもきれいな水を使うためにも、何か異常を感じたら水道局や専門業者に相談しましょう。

しが水道職人は、水回りのトラブルにいち早く駆けつけます。大津市、近江八幡市、草津市、彦根市など滋賀県全域が対象です。水のトラブルは水のプロ、しが水道職人にお任せください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315