電話して相談する

水のコラム

台所(キッチン)で詰まりが起きたら?修理や交換は必要?自力で解消できる場合もある

2021年01月26日  キッチンのつまり

台所(キッチン)で詰まりがあると大問題です。
食事も作れませんし、洗い物もできず、日常生活に大きな影響があります。どうしてキッチンで詰まりが起きるのか、原因を知らなければ適切な対処もできません。

また、状況によって排水管に問題があれば、自力で修理や交換ができるレベルか判断もつかないでしょう。
それでは、キッチンの詰まり原因や対処法を解説します。

キッチンで排水溝に水が流れない詰まりの原因

キッチンで水が流れない詰まりの状況が起きる原因は複数あります。
代表的なのが「油汚れや水垢によるヌメリ」「洗剤カス」「食べ物屑」です。洗い物をしているとき、細かな食べ物屑が排水溝に流れることがあります。通常は、シンクストレーナーといった食べ物屑が排水管まで流れないようストッパーが付いているものです。

ただ、細かな食べ物屑だと穴から流れますし、油や洗剤なども止められません。特に油汚れは粘り気があり食べ物屑や洗剤カスが付着してヌメリとなります。

まったく手入れをしないと汚れが徐々に固まり、排水管を狭くして水が流れにくくなるのです。結果、キッチンでの水の詰まりにつながります。

ただし、排水口にはトラップという、水の逆流や臭いを防ぎ、異物が入らないようにする個所があります。
ゴミ受けを外すと、下にあるフタのような部品が排水トラップです。ゴミが詰まっていないか、チェックしましょう。ゴミがあるなら、洗剤とスポンジでキレイにしてください。

次は排水口をチェック

排水口に問題がなければ、今度は排水管が詰まっている可能性を考えてみてください。排水口の次に流れるのが排水管ですし、油汚れ、洗剤カスや食べ物屑が詰まりを引き起こしている可能性は十分にあります。

とくにS字型の曲線になっているタイプの排水管は、詰まりやすくなります。排水管が詰まると、水の流れが悪くなるだけではなく、逆流や臭いトラブルにつながる場合があります。

また、詰まりの原因を作っているのが、つまようじやフォークなどの固形物でしたら注意が必要です。水を流すことで硬い部分が排水管にぶつかると、破損につながる場合もあります。

掃除をするときは、排水口のカバーやゴミ受けやトラップなどすべて外すのが効率的ですが、問題はシンクに残っていたものが流れることです。食べ物屑やフォークやスプーンやキャップなどの固形物があるならあらかじめ取っておいてください。

関連するゴミ受けやトラップなどの掃除は、通常食器で使用している洗剤でもかまいませんが、なかなか汚れが取れないなら、塩素性洗剤につけ置きするのも有効です。スポンジも使用して、キレイにしましょう。

ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどで解消

排水管で詰まりの原因があっても、軽度の詰まりなら自力で対処はできます。
一般的なのが、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用することです。ラバーカップや真空式パイプクリーナーは、即効性があり、上手くいけばすぐに詰まりを解消できます。

また、ラバーカップや真空パイプクリーナーはトイレの詰まりを解消するときでも活躍します。キッチンで使用するものを購入するなら、和式用のタイプが良いでしょう。

使い方はトイレのときと同じで、カップが浸るほど水を溜めて排水口に密着させます。押すときはゆっくり、引くときは勢いよくを意識し何度か行ってください。

ただし、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでは、排水管にへばりついた、洗剤カスや油汚れや食べ物屑で作られたヌメリの解消はできません。そのため、ラバーカップや真空式パイプクリーナーで詰まりの原因を取り除けたとしても、ヌメリという強敵が控えています。もちろん放置していては再び詰まりが生じる可能性もあるので注意が必要です。

手軽に重曹やクエン酸で詰まりを取ることもできる

重曹やクエン酸など、普段から掃除で使用しているならキッチンの詰まりにも使えます。
重曹はアルカリ酸ですから、油汚れを落とすのにぴったりです。重曹にクエン酸を混ぜれば泡立って汚れが落ちやすくなります。クエン酸がなければお酢でもかまいません。

分量の割合は「重曹2」「60度程度のお湯2」「クエン酸1」の割合です。ゴミ受けだけを外して、重曹をふりかけてください。

次にクエン酸とお湯をかけます。泡立ちますがそのまま10分ほど放置しましょう。
注意したいのは排水管に重曹を大量に入れることです。配管の中で固まればそれが詰まりの原因になりかねません。

また、排水管の奥の方にあるような硬い汚れでは解消は困難です。日頃のメンテナンスや軽度の詰まりで使える方法として、試してみてください。

難しいと思ったらしが水道職人にご相談を

上記の対処法はあくまで軽度のトラブルに有効と考えてください。
固形物を流した場合、排水管の奥まで進んでいると自力での対応はむずかしいです。また、奥まである頑固な汚れを取るのもむずかしいでしょう。

排水口や排水管の修理や交換が必要なほどのトラブルなら、早めにしが水道職人にご相談ください。

草津市や守山市、大津市、栗東市など、滋賀県に密着した水道修理のプロ集団です。つまりをはじめ、水漏れや排水口からの異臭まで幅広いトラブルに年中無休で対応しています。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315