電話して相談する

水のコラム

洗濯機の下が水浸しに!心配な水漏れと簡単に直せる水漏れ

2020年07月08日  洗濯機の水漏れ

日常的に手入れをすることの少ない洗濯機の下に水漏れを見つけたら、驚いてしまうかもしれません。洗濯機の故障も考えてしまいますが、まずは落ち着いて他の原因についても考えてみましょう。
場合によっては自分で修理することも可能です。

給水部分から水漏れがないかチェック

洗濯機の下に水漏れを発見したら、まずは落ち着いて原因を探ってみましょう。とくに洗濯機付近での水漏れは洗濯をしているときにしか漏れてこない場合もあるので、原因を注意深く確認する必要があります。

水栓
一番簡単に確認できるのが洗濯機に繋がっている水栓です。水栓からの水漏れは、水を止めた状態でもポタポタと落ち続けていることもあるため、簡単に発見することができます。もし水栓のナット部分から水が染み出ているようなら、ナットが緩んでいないかチェックしてみましょう。ナットの緩みに問題がなければ中にあるパッキンの劣化が考えられます。パッキンは新しいものと交換することで簡単に水漏れを修理できるので、ホームセンターなどで同じサイズのものを購入しましょう。

水栓とホースのつなぎ目
水栓が一般的な万能水栓の場合、給水ホースをつなぐためにニップルというジョイントがつけられています。水栓の吐水口に四方からビスでかませるように固定するので、不安定になることも多い部品です。ビスが緩んでいると、つたうようにどんどん水が漏れるので早めに対処するようにしましょう。水栓を閉めればとりあえず水漏れは止まります。ビスをしっかり締め直すか、それでもだめなら新しいものと交換しましょう。

洗濯機用ワンタッチ水栓や、万が一ホースが外れてしまっても自動で給水が止まるストッパー付き水栓の場合は、給水ホースをワンタッチでつけられるようになっています。ホースが「カチッ」というまできちんと差し込めているかも確認してください。

ホースと洗濯機のつなぎ目
給水ホースと洗濯機が接続されている部分でも水漏れがないか確認します。給水ホースは洗濯機本体にロックレバーやねじ込み式のハンドルなどで固定されています。水が噴き出すように漏れている場合は緩みやずれが原因として考えられるので、ずれを修正してしっかり固定し直してください。

ホース側のパッキン
接続部分のずれなどを直しても水漏れが続くようであれば、ホースを外して接続部分をきれいに洗ってみましょう。ゴミや汚れの付着が水漏れの原因になっていることもあります。このとき洗濯機側の接続部分や水栓側のジョイント部分も、同様にきれいにしておきましょう。掃除をしてもまだ水漏れが続くようならパッキンの劣化が考えられるので、この場合は給水ホースごと交換するようにしてください。
給水ホースの規格はどのメーカーでも同じなので、ホームセンターなどで販売されているもので大丈夫です。

排水ホースはきちんと繋がっているか

洗濯機の下に水漏れが起きている原因が排水ホースにある場合、大量に水漏れしていることもあります。しかし防水パンを設置している場合は気づきにくく、長期にわたって水漏れが続いていることもあるのです。

まずは排水口に排水ホースがきちんと接続されているか確認してみましょう。洗濯機の排水ホースは、排水口に設置されたエルボと呼ばれるL字型の部品に接続されています。差し込みがあまかったり緩みがあると、その隙間から排水が漏れ出してしまいます。エルボとホースのサイズがあっておらず隙間から水漏れする場合は、エルボを合うものと交換する必要があります。劣化などでどうしても緩むという場合は、ビニールテープを巻いてしっかり固定しましょう。
固定ネジで排水口に留められているエルボの場合は、ネジの緩みがないか確認しましょう。ネジの緩みが原因の場合はしっかりと締め込むだけで水漏れは止まります。

排水ホースは劣化によって破損しやすいパーツでもあります。隙間に挟み込まれて折れ曲がっている場合など、穴が開いたり破れてしまうこともあるのです。防水テープやパテなどで修理することも可能ですが、排水ホースは消耗品ともいえるので破損を見つけた場合は新しいものと交換することをおすすめします。

ホームセンターでも購入することはできますが、元のホースと口径の同じものを選ぶようにしましょう。因みに「延長用」と書かれたホースも口径が同じであれば使用することができます。

洗濯機の故障の場合

洗濯機の寿命は約10年といわれています。そのため長く使用している場合や、負担をかけてしまったときなど、破損することも考えられます。

縦型の洗濯機の場合、洗濯槽からホースまでの接続部分で破損があったり、パルセーターという洗濯槽底の回転するパーツの摩耗などによって、水漏れすることがあります。また、ドラム式の洗濯機が背面から水漏れをしているような場合も自分で修理することは不可能なので、メーカーに相談するようにしてください。

水回りの“困った”はありませんか?

洗濯機周辺での水漏れは細かな部品の劣化をはじめ、洗濯機の故障も考えられる心配なトラブルです。とくに洗濯機の排水口は見えにくい場所に設置されていることもあるので、自分で手に負えないようなら専門業者に依頼しましょう。

しが水道職人は彦根市、米原市、近江八幡市、甲賀市など滋賀県全域の水のトラブルに駆けつけています。洗濯場やお風呂、キッチンやトイレなど水回りの“困った”は、しが水道職人にお任せください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315