電話して相談する

水のコラム

洗面所で水漏れ!排水管に問題があるときの対処方法

2020年06月16日  洗面所の水漏れ


洗面所は一日中いろいろな用途で使われます。顔を洗ったり、歯を磨いたり、手洗いで何度も洗面所を利用するという人も多いでしょう。実はかなりの頻度で利用している洗面所は、トラブルが起きやすい場所でもあります。
さらに、洗面台の下はキャビネットとして利用することも多く、水漏れになかなか気づかないことも。今回は、洗面所の排水管で水漏れした場合の対処法について、ご紹介していきます。

排水管のどこから水漏れしているのか?

洗面所の床が濡れている、洗面台下のキャビネットに水が溜まっている…といったとき、どこから水漏れしているのかわからず、慌ててしまうこともあるでしょう。まずはどこから水漏れしているのかを見つけることが大切です。
キャビネットにしまってあるものがあったら、すべて取り出し、別の場所に避難させておきましょう。
洗面台の下には、水道水を水栓へ運ぶ給水管と、使った水を流す排水管があります。排水管には、途中にS字に曲がった「トラップ」という部分があるので、簡単に見分けられるでしょう。

その他にハンドシャワータイプの水栓が設置されている場合は、シャワーのホース部分が見えると思います。ハンドシャワータイプの水栓の場合、ホースの通る管から水が漏れることを防ぐために、水受けタンクがついています。
洗面台の下には、このような設備がついているので、目に見えて水漏れしているところがないか、確認してみましょう。
水を流してみないと水漏れの個所を特定できないこともあるので、一見しただけでわからない時は、いったん水を流してみましょう。

洗面台の排水設備の修理の仕方

排水設備からの水漏れは、洗面台を使用できないだけでなく、衛生面も心配になるところです。

排水管の水漏れ
水を流した時、S字トラップなどの接続部分から水が漏れてくるようであれば、まずナットを締め直してみましょう。それでもまだ水漏れするようであれば、ナットの中にあるパッキンの劣化が考えられます。ナットを外すと、パッキンが見えるので取り出して新しいものと交換してください。パッキンはホームセンターなどで販売されているので、サイズを確認して購入するようにしましょう。

もしも、排水管にひびが入っているなど、物理的な破損がある場合は、自分で修理することは難しいので、専門業者に依頼してください。
排水管にはパイプのタイプと、蛇腹ホースのタイプがあります。排水管が蛇腹ホースタイプの場合、キャビネットの中にものをしまうとき、無理やり押し込んだことが原因で、床の排水口からホースが外れてしまっていることがあります。ホースを排水口に戻せば直りますが、簡単に外れてしまうものなので、キャビネットを使用する際は余裕をもって収納するようにしましょう。

ハンドシャワータイプの水栓の場合
ハンドシャワータイプの水栓についている水受けタンクは、知らない間に満水になっていることもあります。
水受けタンクは排水管につながっていません。取り外して水を捨てるような仕組みになっているので、気づかずに水が溢れるほど溜まっていることもあるのです。
毎日の掃除で、良かれと思ってホースを洗ったり、ホースを取り外した状態で水栓に水をたくさんかけたりしていると、あっという間に水受けタンクがいっぱいになっていることもあります。放っておくと水漏れだけでなく悪臭の原因にもなるので、定期的に点検するようにしましょう。
水受けタンクは大抵の場合、ビスなどに引っ掛けられるようにして設置されています。溜まっている水が多く、外しにくい時は、灯油用のポンプなどを使ってある程度吸い出すようにしましょう。

洗面所の床に広がる水 思いがけない場所の水漏れかも

洗面台下の排水トラップは、汚れや髪の毛などでつまりやすい場所ですが、修理方法は簡単です。市販の洗浄剤を使ってつまりを解消してみましょう。パイプユニッシュなどアルカリ性の薬剤は、洗面所でつまりやすい髪の毛や石鹸カス、細菌などの繁殖によるヘドロ状の汚れに対して有効で、きれいに溶かす作用があります。つまりがひどい場合は、ピーピースルーなど市販で購入できる業務用の薬剤もあるので、そういったものを使用してもいいでしょう。

家庭内の排水は、さまざまな場所の排水と一緒になって、外の排水管やその先の下水管へと流れていきます。自分で見える部分ではないので、問題が起きていてもわかりにくいものです。洗面所で水漏れが起きていたとき、そういった見えない場所でのつまりが原因の場合もあります。

薬剤を使っても症状が変わらない、洗濯機など他の排水を使用しているときに、どこからか異音がする、洗面台の排水口から水がポコポコと噴き出すことがある、といった場合は、自分では直せない部分の排水管のつまりや、破損、設置不良なども考えられるので、専門業者に相談してみてもらうようにしましょう。

水回りのトラブルは普段のチェックがカギ

排水管からの水漏れは、衛生面も気になる面倒なトラブルです。とくに洗面台のキャビネットの中でじわじわと水漏れしていた場合、気づかないこともあるでしょう。定期的に水回りのチェックをしておくことで、トラブルを最小限にできるかもしれません。

自分で解決の難しいトラブルは、しが水道職人にお任せください。大津市、彦根市、近江八幡市、草津市など滋賀県全域で、水のトラブルを解決するプロ集団です。緊急メンテナンスにも対応いたします。困った水のトラブルは、しが水道職人にご相談ください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315