電話して相談する

水のコラム

突然キッチン床が水浸しに!シンク下の水漏れの原因と起こりうる二次被害

2021年02月03日  キッチンのトラブル


突然キッチン床がびしょ濡れになっていたり、シンク下の収納スペースに水が溜まっていたりすると驚いてしまうでしょう。
 
しかし、まずは冷静になってどこから水が漏れているか見つけてください。それに、シンク下の排水管からの水漏れは自分で直せることもあるので、焦らずに対応しましょう。
 

シンク下の水漏れ原因を確認する方法

シンク下から水漏れが発生しキッチン床に水が漏れている場合は、シンク下のどの部分から水漏れが起きているか見つけることが大切です。
 
まず、シンク下に入っているものを全て取り出し、水が伝わった跡がないか目視で確認します。次に、排水ホースに破損はないか、排水口や排水管の接続部分に緩みはないかを確認します。そして、コップに水を入れて流し、排水部分のどこから水漏れしているか特定します。
 
排水部分に水漏れが見つからない場合は、給水管や止水栓、シンクと流し台の隙間から水漏れしていると考えられるので、蛇口から水を流して水漏れ箇所を特定しましょう。
 

水漏れが起きる原因

水漏れの原因箇所と具体的な対策について紹介します。
 
・排水口パッキンの経年劣化
流し台に取り付けられている排水口パッキンが劣化していると、シンクと排水トラップの接続している部分から水が垂れてくることがあります。
この場合、パッキンを新しいものに交換することで水漏れが直ります。
 
・排水ホースの接続ナットの緩みやパッキンの劣化
排水トラップと排水ホースとの接続部分から水漏れが起きている場合は、排水ホース用ナットが緩んでいることが多いのでしっかり締め直しましょう。
それでも水漏れが直らない場合は、接続部分のパッキンが劣化している可能性が高いです。この場合には、新しいものに交換しましょう。
 
・排水管や排水ホースの破損
排水管や排水ホースに穴や亀裂といった破損がある場合は、補修テープや補修パテなどで破損個所を補修したり、ホース自体を新しいものに取り換えたりして直すことができます。
 
・給水管の接続の緩みやパッキンの劣化
給水管と接続しているナットが緩んだりパッキンの経年劣化で亀裂が入ったりすると、水圧に耐えられず水漏れが起きます。その場合は、とりあえず止水栓を閉じて水を止めましょう。止水栓が固くて締められない場合は、水道の元栓を締めてください。
 
ナットが緩んでいる場合、スパナなどで締めると水漏れが解消します。この時、思いっきり力を入れて締めると余計に緩んでしまうので気をつけましょう。ナットを締めても解消しない場合は、パッキンの劣化が原因だと考えられるので、新しいものに交換する必要があります。
 
・流し台の破損
流し台自体の破損によって、水漏れすることもあります。その場合は補修する必要がありますが、見た目を重視しないのであればホームセンターで手に入る補修材で直せることもあります。
 
・排水管の詰まり
水が排水管の付け根から逆流してくる場合は、排水管が詰まっている可能性があります。
排水管を取り外してきれいに洗浄し、詰まりを解消させます。
 
また、自分では外せない場合は、液体パイプクリーナーを使って汚れを溶かし除去しましょう。それでも詰まりが解消しない時は、専門業者に連絡する必要があります。
 

水漏れが原因で発生する二次的な被害

キッチン床やシンク下から水漏れが発生すると、二次的な被害を引き起こす可能性も高くなります。その場合、水漏れの修理費用だけでなく、高額な工事費がかかることもあります。起こりうる二次被害について、見てみましょう。
 
・高額な水道代
水漏れが続くとお水を無駄にするだけでなく、当然、水道代にも大きな影響を与えます。驚くほど高額になることもあるので、気づいたら早く対応しましょう。
 
・黒カビの発生
シンク下から水漏れが起きると、シンク下収納内の湿気が高まり、そのまま放置すると収納スペース全体が黒カビだらけになってしまいます。黒カビの汚染が進むと、シンクやコンロ、収納などが一体化したシステムキッチンの場合は、全体の取り替えが必要になることもあります。
 
・階下への水漏れ
マンションや一戸建ての2階以上で水漏れが起きると、階下の天井へ流れてしまうこともあります。そのような場合、大規模な工事が必要になります。
排水口から水が逆流してあふれ出るようになったら、バケツで水を受け止めて、床が水浸しにならないようにタオルを敷き詰めるなどして応急処置をし、すぐに専門業者に連絡しましょう。
 
・修繕費や賠償金を請求される
賃貸住宅の場合、住人の過失で水漏れを起こし、他の人が住む部屋にまで被害が及ぶと、水漏れを起こした住人が修繕義務を負うことになり、賠償金を支払わないといけません。天井や床下に水漏れの被害を与えると、状況によっては天井板やクロス、フローリングなどを張り替える必要があります。
また、下の階に住む人の家具や家電、衣類などを水浸しにすると、修繕費や賠償金を請求されることもあります。そのため、水漏れに気づいたらすぐに応急処置をして、専門業者に依頼しましょう。
 

被害を拡大させる前に専門業者へ

シンク下から水漏れが起きている場合は、シンク下のどこに原因があるか特定して、適切に対策することで解消することができます。素人でも簡単に解消できることもありますが、プロの水道修理業者に依頼しないと直らない場合もあります。
 
しが水道職人は水回りのあらゆるトラブルに対応いたします。彦根市や草津市、甲賀市、野州市など滋賀県にお住まいの方は、ぜひしが水道職人にご相談ください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315