電話して相談する

水のコラム

蛇口から急に濁った水が出てきた!色のついた水が出る原因は何?

2021年03月28日  キッチンのトラブル

蛇口から濁った水
「台所の蛇口から突然濁った水が出てきた!」
いつも通り水を使おうと思って、蛇口をひねったら、濁った水が出てきたらびっくりしてしまいますよね?
特に、台所の水は料理に使うこともあるので、そのまま使っても良いのか、安全性に問題はないのか心配になってしまうでしょう。

今回は、台所の蛇口から濁り水が出てくる原因や対処法について、水の色別に詳しく解説します。

赤色の濁り水が出る

朝一番に水を出した時や、長い間家を空けていて水を出すと、蛇口から赤色の濁り水が出ることがあります。
原因は、金属製の水道管の劣化や錆びた鉄が剥離して、水に溶け出すことで起こります。
また、近くで水道工事が行われている場合も、一時的に水が赤くなることがあります。
1分程度水を流し続けて透明になる場合は、原因は宅内の給水管にあると考えられますが、しばらく水を流すことで透明できれいな水に戻れば、問題なく使えます。
透明になるまで流した水は、植物に与える水や掃除などに利用すると無駄になりません。
また、水道工事が行われた場合、終了後に排水作業が行われるので、改善されることがほとんどです。

ただし、水を流しても水の色が直らない場合は、大きな工事が必要になることもありますし、体に影響を与えることもあります。
また、水道管が錆びている場合は、腐食によって亀裂が入り水漏れを起こすこともあります。水を流しても改善しなかったり赤い水が頻繁に出たりする場合は、専門業者へ連絡しましょう。

白い水やお湯が出る

蛇口から出た水が白く濁って見え、しばらくすると下の方から透明に戻ることがあります。これは、水を勢いよく出すと蛇口の内部に負圧がかかることで空気が吸い込まれ、水と空気が一緒になった状態で出てくるからです。
また、お湯の場合も、給湯器で水を急激に加熱すると、水に溶けている空気が溶けずに気泡となるので、白く濁って出てくるのです。
この場合、水に空気が混入して一時的に白く見えているだけなので、安全性に問題はなく、安心してそのまま使えます。

ただし、しばらく待っても水が透明にならなかったり、白く濁った水が出続けたりする場合は、給水管から亜鉛が溶け出している可能性があります。
給水管の交換が必要な場合もあるので、詳しい原因を調べてもらうために専門業者へ相談しましょう。

青く濁った水が出る

アイボリー系の器に水を入れると、青く見えることがあります。
これは、青色の光だけが水中で散乱し、その色が目に入るからです。
透明なコップに水を入れて、明るいところで水の色を確認してみて、透明ならば問題ありません。

黒く濁った水が出る

水道水には、ごく微量のマンガンが含まれることがあります。
マンガンは、水道水を消毒する塩素により酸化されると、二酸化マンガンになります。
二酸化マンガンは黒色の成分で、水道管や宅内配管に少しずつ付着していき、水道工事などで水の流れが変化して剥離すると、黒色の水となって蛇口から出てくるのです。

水をしばらく出して透明になれば、水を使用しても問題ありません。
水が黒い状態が続く場合は、水道管に原因があるかもしれないので、使用を控えて専門業者に連絡してください。

濁り水の原因は蛇口ではない

台所の蛇口から濁り水が出たら、蛇口本体に問題があると思う人も多いでしょう。
しかし、ほとんどの蛇口が「真鍮」というサビに強い素材でできているため、原因は蛇口ではありません。
濁り水の原因は水道管にあることがほとんどなので、慌てて全く問題のない蛇口を交換するのはもったいないです。
また、蛇口に原因はないので、「レバー式水栓」と「ハンドル式水栓」のどちらかが濁りやすいということもありません。
濁りを直すために水栓を分解して洗う人もいるかもしれません。
場合によっては水がきれいになることもありますが、根本的な原因は水栓ではないですし、分解したことで水漏れの原因を作ってしまうこともあります。

ただし、蛇口から濁り水ではなく黒い異物が出てくる場合は、蛇口に原因があることも考えられます。
蛇口の止水栓や給水栓などに使われているゴムパッキンの劣化で、一部が剥がれて流れ出てくるのです。
その場合は、ゴムパッキンを新しいものに交換すれば改善されます。
すぐにゴムパッキンを用意できない場合は、応急措置として、蛇口の先にガーゼをつけてろ過して使いましょう。
また、ゴムパッキンを購入する際は、サイズを間違えないように気をつけましょう。

改善しない場合は専門業者へ

蛇口からさまざまな色の濁り水が出ることがありますが、そのほとんどは水道管に原因があります。
水の見え方によっては、目の錯覚や泡によって色がついているように見えることもあるので、色の特徴を知っておくと慌てずに対処できるでしょう。

また、しばらく水を出して透明に戻る場合は、問題なく水を使えることも多いです。
しかし、水を長い間出していても透明に戻らない場合は、水道管に問題があると考えられます。
それに、水を流し続けるのは水道代に影響を与えるので、専門業者に連絡して修理してもらいましょう。

しが水道職人は大津市、草津市、彦根市、甲賀市、湖南市など、滋賀県内全域の水道トラブルの修理や交換を行っています。
水回りのことでお困りの方は、24時間365日緊急対応のしが水道職人にご相談ください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315