電話して相談する

水のコラム

便器や便座の汚れ!自分でできるトイレ掃除

2021年06月05日  トイレのメンテナンス

トイレに付着する汚れの種類

汚れの種類は大きく3種類あります。「水垢」「尿石」「黒ずみ」「ピンク汚れ」です。トイレ掃除の対処法を知る前に便器に付く汚れはいったいどんなものなのかを的確に知ることが優先です。

見た目や感触がざらっとしている「水垢」の原因となるのは水道水のミネラルです。タンクや水に濡れた箇所が、使用するたびに濡れたり乾いたりすることによって空気中の酸素と二酸化炭素、ミネラルが結合し塊となるのです。

便器が黄色くなるのが特徴なのは「尿石」です。尿中のカルシウムが結晶化されることにより「尿石」が発生します。また蓄積しやすい性質を備えているためより一層注意が必要でしょう。水垢の主成分と同じミネラル分ですが、こちらは尿による黄色も付いているため、できれば便器に固着させないようにしたい汚れです。

トイレの水が溜まる部分に発生しやすいのが「黒ずみ」です。別名サボったリングとも言われます。水垢にカビ菌が混ざることにより「黒ずみ」が発生します。

ちょっとした汚れなら短時間で落ちる!トイレの基本掃除方法

ではいよいよお掃除方法に入ります。汚れの種類によって道具を使いこなすことが、トイレ掃除の一番のコツです。用意するものは除菌クリーナー、ブラシ、中性洗剤(すべてトイレ用)の3つです。

これらを用意したらまず始めに中性洗剤を汚れた部分に振りかけ、ブラシでこすります。次に除菌クリーナーで便器全体、便座、床、壁を拭き、最後に除菌クリーナーを便器内に入れて、流して終了です。便器、便座、壁や床など、トイレの軽い汚れは中性洗剤があれば十分です。毎日の小まめなお掃除に活用しましょう。

こびりついたトイレ汚れ!種類にあった掃除方法で落とす

毎日行うのは「簡単にできるトイレ掃除」ですが、すでに頑固な汚れがある場合には、今から教える方法を参考にして汚れを落としましょう。汚れの種類に合った応用掃除方法をご紹介します。

・水垢が落ちない時
水垢はアルカリ性で、酸性のものを使い中和させると落ちます。そこで使用するのが酸性洗剤またはクエン酸水です。用意するものは雑巾とバケツ、トイレットペーパー、酸性洗剤かクエン酸水(水200mlに対し、クエン酸小さじ半を混ぜる)です。

これらを用意したら、始めに雑巾で便器の中の水を吸い取ります。次に酸性洗剤またはクエン酸水を汚れに満遍なくかけ、トイレットペーパーでパックし1~2時間放置します。最後にレバーをひねり洗い流して終了です。

・尿石が落ちない時
特に便座の裏部分によく発生します。水垢と成分はほぼ同じなのでこちらも、酸性洗剤またはクエン酸水でお掃除できます。尿石は放っておくと悪臭や菌の増殖につながるので定期的に取り除くようにしましょう。用意するものは雑巾&バケツ、酸性洗剤またはクエン酸水(水200mlに対し、クエン酸小さじ半分を混ぜる)、ブラシまたは軽石です。

これらを用意したら、始めに酸性洗剤またはクエン酸水で、尿石をほぐします。次にブラシや軽石で様子を見ながらゆっくりと擦り、濡れた雑巾でふき取ります。
最後にレバーをひねり、汚れを洗い流して終了です。もしも上記の方法でも落ちない場合はブラシや軽石などでこすってみるとよいでしょう。ただし削って便器に傷がついてしまわないようにだけ気を付けましょう。

・黒ずみが落ちないとき
しばらく放置してしまった汚れは塩素系漂白剤で落とせます。塩素系漂白剤を黒ずみ汚れに満遍なくかけ、2~3分待ち、最後に流すだけで簡単に落とせます。

・ピンク汚れが落ちないとき
ピンク汚れの原因はメチロバクテリウムと呼ばれる細菌の一種です。メチロバクテリウムは繁殖力が非常に強いです。なので普段から小まめに掃除しているつもりでも少しの菌が繁殖を繰り返し結果、ピンク汚れが発生してしまいます。

そんなピンク汚れは中性洗剤もしくは重曹で落とせます。用意するものは中性洗剤または重曹スプレー(ぬるま湯200mlに対し、重曹大さじ1を混ぜる)、ブラシです。これらを用意したら始めに、中性洗剤または重曹スプレーをピンク汚れに吹きかけます。そしてブラシでこすります。最後にレバーをひねり洗い流して終了です。重曹には消臭効果もあるので、重曹でお掃除すればトイレ特有の嫌な臭いも消してくれます。

最悪の場合は便器交換を検討しよう

ご紹介した掃除方法でもトイレの汚れが落ちない場合は、便器交換も視野に入れましょう。理想の交換目安はおおよそ15年といわれています。

長年使用していると止水栓や給水栓をつなぐ配管、内部のパッキンなど痛んできます。特に見えない部分でもあるため劣化しているかなど、汚れているかなどが確認しづらいです。痛んだ部分から菌が増殖して徐々に汚れが取れにくくなってきたり、トイレ全体が薄く汚れてきたりするので大体15年が交換にはおすすめの時期になります。トイレは毎日使うので小まめに掃除するよう心がけましょう。

しが水道職人は大津市、草津市、甲賀市、近衛八幡市、など滋賀県全般で水回りのトラブルを解決している水まわりのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンをはじめとした水まわりのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にしが水道職人にお問い合わせください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315