電話して相談する

水のコラム

床の水漏れは放っておくと大変なことに!

2021年06月25日  水漏れのトラブル

水漏れが発生すると、床が濡れるのはもちろんですが、それ以外に様々な被害を引き起こしてしまいます。
深刻なダメージが発生する前に対処する必要があるのです、そのためにはまず原因を探らなければなりません。
水漏れが原因による漏電や、カビの発生などにも注意が必要です。

原因は大きく2通り

水漏れの原因はほとんどの場合、キッチンなどの水回りが原因となりますが、蛇口からの水漏れと配水管からの水漏れがあります。
蛇口からの水漏れの場合、一般的なものとしては内部のパッキンの劣化が考えられます。

パッキンはゴム製なので、経年劣化によって変形やひび割れが起こってしまい、パッキンのある接続部から水漏れが発生してしまうのです。
キッチンならシンク、洗面所なら洗面台といったように、水漏れが発生しても漏れた水を受け排水が可能になるため、それほど大事になることはありません。
また、対処法も自分でできるものも多く、修理の費用も自分でできればそれほどかかることはありません。

問題になるのが、排水管の問題で水漏れが起きている場合です。
排水管は長期間使用されるので、どうしても劣化が起こり、つなぎ目の部分でガタつきが発生することがあります。
ガタつきが発生すると、いろいろな場所で破損が起きやすくなってしまうのです。
また、排水管が詰まってしまうと、排水が行われなくなるため、逆流し水漏れが発生してしまうのです。

自分で対処してみよう

マンションなどの集合住宅の場合は、自分以外の住人もいます。
すぐにでも対処しなければ、他の住人に迷惑をかけてしまいますし、場合によっては損害賠償といったことにもなりかねません。
すぐに管理会社に連絡することも大切です。

戸建ての場合でも、水漏れを放っておくと、最悪の場合、床材が腐ることもあるので、早急な対処が必要になります。
パッキンの劣化であれば、簡単に対処することが可能です。
止水栓を閉め、蛇口や配管の接続部など、水漏れの起きている場所を分解し、ゴムパッキンを外し、新しいものと取り替えます。
取り付けのさいに、締め込みが緩いと水漏れが起こってしまうので、しっかりと締め付けます。

排水管の場合は、自分で交換というのは大変なので、応急処置を行います。
といっても、水漏れの箇所を流れる水を使用しない、というのが一番です。
どうしても使用する必要がある場合は、補修用テープや補修材を使用して、水漏れ箇所を塞ぎます。

日々の心掛けが大切

長年使用すると劣化は避けられない問題ですが、そのスピードを早めたり、遅らせたりするのは、日々の心掛け次第です。
地域にもよりますが、冬場に水道管が凍結するようなところでは、水をほんの少しだけ流したり、配管を保護することもあります。
このように、日々、ちょっとした心掛けで劣化を遅らせることができるのです。

排水管の詰まりに関しては、定期的な清掃をすることで、詰まりを予防することができます。
手の届かない箇所は、パイプクリーナーや重曹とお酢またはクエン酸水を使用して清掃すれば、きれいにすることができます。
汚れが溜まると、その部分の劣化が早まったり、悪臭が発生したりと悪いことだらけなので、少し流れが悪いと感じたら、清掃するようにするのがよいでしょう。

また、定期的に清掃を行うように、予め決めておくのも効果的です。
特に、キッチンから出る油汚れが排水管に溜まりやすいので、極力油は流さないようにすることが大切です。
また、熱湯を流すのも、排水周りを痛めてしまう原因になります。
熱湯を流す必要がある場合は、水を流しながら流し、温度を下げるといった工夫が必要になります。

水漏れによるリスクを知ろう

水漏れが発生したことによってどんなリスクがあるのかを知っておけば、予防にも力が入るのではないでしょうか。
水漏れがあるということは、湿度があがることになります。
その結果、カビが発生し、家自体のあちこちが傷んでしまいます。

家のダメージだけでなく、カビによる健康被害も考えなければなりません。
木製の家具もダメージを受けてしまいますし、金属はサビが発生してしまうこともあります。
湿度が高くなると白アリが住み着き増殖してしまうことも考えられますし、駆除のために費用もかかってしまいます。
屋内には電気の配線もあり、場所が悪いと漏電してしまい、感電といった事故も起こることがあります。

もちろん、水漏れしているということは、場所によっては水がずっと出ていることになるので、水道代もかさんでしまいます。
マンションなどで階下にまで水漏れが発生した場合、近隣トラブルになることもあるのです。
このように、水漏れによって様々な悪影響が出てくるので、早急な対処、また、予防が大切になってくるのです。

対処できないトラブルはすぐに業者に連絡しよう

水漏れの対処が自分ではできない場合や、自分で対処できる場合でも難しいと感じたらすぐに業者に相談しましょう。
マンションなどの集合住宅の場合は、管理会社や管理人に連絡し、業者の手配をしてもらうようにしましょう。
床に水が漏れているという状況は、すでに深刻な状況になっていることが考えられます。

しが水道職人は、大津市、長浜市、草津市、甲賀市など、滋賀県で水回りのトラブルを解決している専門の業者です。
年中無休で24時間受付をしているので、迅速な対応をしてくれます。
もしものときは、しが水道職人にご依頼ください。
あらゆる水回りのトラブルを解決します。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315