電話して相談する

水のコラム

キッチンの排水溝から水漏れ!マンションの下階まで水漏れした場合は?

2021年07月09日  キッチンの水漏れ

いつの間にかキッチン床やシンク下が濡れていたり、キッチンの棚の中に黒カビが生えていたりすることがあります。
これは排水管から水漏れした可能性が高く、早めに対処する必要があります。

キッチンにつながっている排水管は、トイレや風呂場、洗面所などにもつながっているのが一般的です。
トイレの排水管がつまって水が流れなくなると、他の水場も利用できなくなる可能性があります。

水が利用できなくなると、家での生活に支障をきたすでしょう。
ここでは、床から水漏れが起きてしまった場合の、対処方法をご紹介します。

自力で直すときは

DIYに自信があれば、修理依頼をする前に自力で交換や修理可能か試し、無理そうなら専門業者に頼むのも一つの手です。
交換や修理のために新しいパーツを買うときは実物を持参してホームセンターなどで聞いてみましょう。

店員に聞けばより確実に同じサイズのパーツを購入できます。
ネットで探すのもいいですが、ピッタリのサイズを買わないと、水漏れします。
交換作業をする際は、作業中に水が出てくることもあるので、古新聞や雑巾を用意し、排水ホースなどを外したらホースの口をバケツに入れておくといいでしょう。

交換部分を分解することが前提の場合、部品交換や排水管の取り替え作業は初心者では難しいかもしれません。
自分で修理する時は、最低限の工具を準備し、正しく分解・組み立てし直す必要があります。
自信がない場合は専門業者に連絡してください。

・シンク下の排水溝の接続部分から水漏れ
流し台に設置された排水口パッキンの劣化が原因です。
新しい排水溝パッキンと交換してください。
 
 
・排水溝と排水管の接続部からの水漏れ
シンク下には排水溝と排水管があります。
それぞれの接続部分が緩んでいないか、確認してください。
大抵、各接続部分にはナットやボルトで固定された、ゴムパッキンが取り付けられています。

このゴムパッキンを締め直して、水漏れを解消します。
緩みを確認しても異常がある場合は、ゴムパッキンに劣化が起こっているので、新しいゴムパッキンと交換してください。
 
 
・排水管や蛇腹ホースの水漏れ
排水管や蛇腹ホースに穴や亀裂ができている場合があります。
この時は補修パテやビニールテープで補修します。

これでも直らない場合は、排水管・ホースを新品に取り替えてください。
キッチンの蛇口につながれている、給水管や止水栓、給湯管が水漏れしている場合は、止水栓を閉めて水を止めます。
 
 
・排水管のつまりによる水漏れ
床に設置された排水管の付け根から逆流している場合は、排水管が詰まっている可能性があります。
排水管が外せるなら、排水管を外して洗浄するのが一番です。

排水管が外せない場合は、流し台の上からパイプクリーナーや重曹を使い、詰まっているものを溶かします。
それでも詰まりが直らない場合は、早急に専門業者に相談しましょう。

賃貸住宅で水漏れがしたら

戸建て持ち家の場合は、自力で修理や交換、または専門業者に依頼すれば完了です。
しかし、マンションなど賃貸住宅、分譲でも管理会社がある場合は、まず管理会社に連絡し修理費用はどちらが持つのかを確認します。
管理会社がいつも依頼している専門業者があると、修理や交換もよりスムーズです。
賃貸物件での水漏れが発生したら、水漏れの大小を問わず管理会社に連絡します。

その際に水漏れが発生した事、水漏れしている場所、分かれば水漏れの原因を伝えてください。
この時、契約書も用意しておくのがおすすめです。
契約書に修理費用の負担について記載されている場合があるからです。

次に証拠となるように水漏れする場所の写真を撮ります。
費用の負担は契約内容や水漏れした場所や原因によっても違います。
もし管理会社と連絡が取れない場合や自分で対処してほしい、専門業者に依頼するよう指示された場合は、指示通りにし、見積書や領収書を発行してもらってください。
水漏れの原因によっては、管理会社に修理費を負担してくれる場合があります。

マンションなどの集合住宅で水漏れが起きた場合は、階下の部屋に被害がないか確認してください。
特に床が水浸しになっている場合は、漏れた水が床下から階下の天井へにじみ出る可能性が高くなります。

もし、階下の部屋に被害があれば、早急にお詫びをしに行きます。
このように階下の部屋の住人に指摘される前に、確認やお詫びをすることでトラブルを小さくできます。

心配な場合は専門業者へ

どんなに気をつけていても、水漏れが起きてしまう事があります。もしキッチン床やシンク下が濡れていたら、まず接続部分の緩みや部品の破損がないかを確認しましょう。
緩みや破損がないことを確認したら、排水口から一度大量の水を流し水漏れの箇所を特定します。
自力で修理や交換をする場合も多くありますが、違う物を取り付けてしまうケースもあるようです。

さらに経年劣化でサビつきナットやボルトが回りづらくなっていることも多く、力任せに開けようとして他の部分を破損させてしまうこともあるようです。
自力での作業に自信がない、自力で作業していたら悪化してしまった場合は、無理をせずに専門業者に連絡してください。

トイレで水漏れが起きたら、しが水道職人へお電話ください

しが水道職人は、大津市 、草津市、長浜市、 彦根市、米原市など滋賀県県内全域で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にしが水道職人にお問い合わせください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315