電話して相談する

水のコラム

台所・キッチンでの水漏れ、よくある原因とその対処法

2021年07月09日  キッチンの水漏れ

台所のシンク下にご注意

キッチン(台所)で洗い物をしていたら、何かいつもとは違う水の音がする、と気になった人はまずはシンク下を覗いてみましょう。
気付かないうちに水漏れしていて、シンク下が水浸しになっている、なんてことはありませんか?

もしくは、何も異変を感じなかったけれど、ふとシンク下を確認したときに長期間見過ごしていた水漏れに気付くこともあるかも知れません。

シンク下が観音開きの扉になっていて、空間をそのまま活用しているタイプのキッチンの場合は、比較的早く気付けるでしょう。
しかし、最近多くなったシンク下に引き出し型の収納があるタイプのキッチンでは、シンク下の状態を直接目視する機会がありません。

そのため、微量な水漏れを起こしているまま放置して、シンク下に水が溜まり、床材がカビてしまい、ともすれば板材が腐ってしまう危険性も考えられるのです。

シンク下の空間をそのまま利用するタイプのキッチンの場合は、お鍋やフライパンなどを収納する他、調味料や備蓄食材等をしまっているという方も多いのではないでしょうか。
そういった場合、それらがシンク下に漏れる水で直接濡れることになります。

台所の水漏れは、どちらのタイプのキッチンでも、二次被害につながる可能性が高いのです。
早期に発見して、正しく対処しましょう。

排水管がつまっていないか確認する

キッチンの排水管は、排水トラップで大きなものを防いだとしても、日々食料や飲料などさまざまなものが流される場所です。
そのため、たとえ日々掃除をしていても、手の届かない箇所で汚れが蓄積されてつまりを起こしてしまうことがあるのです。

排水管がつまっていることによる水漏れの場合は、つまりを解消すれば水漏れも解消します。
シンク上から排水溝の掃除をすることで解消することもありますが、つまっている部位によっては、排水管を取り外しての本格的な清掃が必要な場合もあります。

シンク下をチェックしましょう

掃除をしてつまりを解消してもまだシンク下に水が漏れてくるなら、排水設備のどこかに不具合が発生しています。
考えられる主な原因としては、排水管や排水パイプのナットの緩みなどがあるでしょう。

シンク下を覗いて目視すればすぐにお気づきになると思いますが、排水管や排水パイプのつなぎ目には大きなナットがいくつか使われています。
そのナット部分が緩んで、つなぎ目に生じた隙間から水が漏れるのです。

水漏れの原因がナットの緩みである場合には、ナットを締め直すだけで解決することもあります。
どこから漏れているのかわからないときは、まず各部分のナットを締め直して水漏れがおさまるかどうか確認してみると良いでしょう。

また、排水設備にビニール製の排水ホースが使用されているタイプの場合は、ホース自体の破損が考えられます。
経年劣化によりホースのどこかが破れてしまって水が漏れているのならば、防水テープなどで応急処置をしても、いずれまたすぐに水が漏れてきてしまうでしょう。
そうなったときには、ホース自体を新しいものと交換しなければなりません。

次に、排水パイプや排水ホースが、床下に続く排水管に正しく差し込まれているかどうかを確認してください。
シンク下を収納に使っている場合、収納されている物の取り出しや配置を変える際に排水パイプ等を押してしまったり引っかけたりして、排水管に差し込まれている部分がズレる、または抜けてしまうことがあるのです。
これは意外とよくある水漏れの原因になりますので、シンク下に収納する際は、排水設備に負荷がかからないよう気を付けましょう。

その他に考えられる主な原因

シンク下以外で考えられる軽微な原因として、排水トラップのゴムパッキンの劣化があげられるでしょう。
シンクと排水溝とをつなぐ箇所である排水トラップには、シンクとの隙間に水漏れを防ぐゴムパッキンが使用されています。

実は、ゴムパッキンはどうしても劣化しやすい部品です。
劣化するとゴムが固くなるため、破損したり縮んだりしてシンクとの隙間が生じてしまい、そこから水漏れが起こります。
このゴムパッキンはメーカーによってサイズが異なるため、自力での交換を考えている方はサイズ間違いにご注意ください。

ゴムパッキンのみの劣化であれば自力で何とかできるかも知れませんが、シンク自体の破損も考えられます。
水漏れの原因がシンクの破損である場合には、防水テープ等で隙間を埋めるだけでは追いつきません。
確実な修理や交換のできるプロにお願いしましょう。

その他に、蛇口からの水漏れもあげられるでしょう。
蛇口とキッチンとのつなぎ目に隙間が生じて、シンク下に水漏れしていることもあるのです。
シンク下の排水管・排水パイプやナットなどに問題が見られないのに水漏れしているときは、蛇口のチェックもしてみてください。

水回りのプロに依頼する

自分で確認してみても、どこから水漏れしているのかわからない、もしくは自力での修理は難しそうというときは、水回りのプロにお任せしましょう。

自力で突き止めたはずの原因も、ひょっとしたら違っていたり、別の問題が生じていたりするかも知れません。
確かな技術と知識を持った業者に依頼することで、確実にトラブルを解消して、日々の安心を取り戻しましょう。

キッチンの水漏れに気付いたら、しが水道職人にお問い合わせください

しが水道職人は、大津市、長浜市、高島市、東近江市、蒲生郡日野町、愛知郡など滋賀県全域で、さまざまな水回りのトラブルに対応しております。

キッチンやお風呂、トイレ、洗面所などの水漏れやトラブルに気付いたら、ぜひ気軽にしが水道職人までお問い合わせください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315