電話して相談する

水のコラム

トイレから水漏れするとき便器のヒビ割れチェックしている?タンクのフロートバルブやボールタップの劣化も、水漏れの原因に

2021年05月08日  トイレの水漏れ

トイレの水漏れとひと口に言っても、どこから漏れているか確認するのはなかなか大変なことです。
水道修理を経験したことがあるならまだしも、関わったことがないなら確実な判断は難しいでしょう。

トイレではタンクや給水管などから漏れることが多いですが、場合によってはあまり想像しない便器から漏れていることもあるのです。
タンクや便器のヒビ割れからの水漏れについて見ていきましょう。

便器内にチョロチョロ水が流れるのはタンク内の部品の劣化を確認しよう

トイレの水漏れの中で、便器内にチョロチョロ水漏れする症状があるときは、タンクの中に原因があることが多いです。
例えば、ボールタップやフロートバルブ、オーバーフロー管などの劣化や破損は良くある水漏れ原因です。

・ボールタップ
ボールタップは浮き玉がついた部品で、タンクに貯まる水を一定量で止める役割を担う部品です。
経年劣化が始まるとボールタップのパッキンが溶けたり、消耗したりして正常に機能しなくなることがあります。
その際には、便器に水が流れてチョロチョロから止まらない状態になることがあります。
 
 
・フロートバルブ
フロートバルブはトイレの水を流す際に使うレバーに繋がるゴム製のフタで、このフタの開閉により便器の排泄物を流します。
一定量の水が流れるとフタをして水を止める働きを担うため、経年劣化やゴミが入り込んだりすると正常に機能しなくなってしまいます。
レバーを操作しても水の流れに影響しないときは、フロートバルブが故障した可能性が高いでしょう。

レバーの操作が無効になっているときはとりあえず、止水栓を締めて水が必要以上に流れないようにしてください。
 
 
・オーバーフロー管
オーバーフロー管は、タンクの中に一定量以上の水が貯まったときに便器に水を流し、タンクの中の水量を保つ役割を担う部品です。
ちょうどタンクの上部から見ると真ん中あたりにあり、オーバーフロー管が故障や劣化を起こすとかなり大量の水が便器に流れ込むようになります。
タンク内部の部品が壊れると、便器の水がチョロチョロから水がザーッと流れて、止まらない状態まで幅広い症状で水漏れが発生します。

これらのタンク内の水漏れ原因は個人でも修理することができますが、状況によっては修理業者に依頼する方が良いでしょう。

便器と床の間から漏れるなら、ウォシュレットや排水管が疑わしい

便器と床の間から水が漏れているとき、本当に便器と床の間から水が出ているのかしっかり確認してみてください。
何度か拭いて水漏れが間違いない場合は、ウォシュレットや排水管のつなぎ目からの水漏れが考えられます。
まるで便器と床の境目からしみ出るように見えるので、ぼろ布などで漏れた水を拭き取りながら水漏れ箇所をじっくりと確認しましょう。

場合によっては結露が流れて床との境目にしみこんでいるだけのこともあるため、よくわからないと判断したときは水道修理業者に相談することをおすすめします。

トイレの床が濡れるなら便器のヒビから漏れている可能性あり

トイレの床が濡れるほどの水漏れは、タンクからタンクの下部への水漏れか、便器のヒビから水が漏れている可能性が高くなります。
タンクから漏れている場合は、タンク内にある結露防止のための発泡スチロールが経年劣化して、タンクとの間に隙間ができたところに結露した可能性があるでしょう。

便器のヒビが目で見てわかるほどある場合は、そのヒビからじわじわと漏れている可能性があります。
便器の外側を伝って床まで水漏れが到達して、まるで床に水溜まりができるような感じで漏れていきます。
状態によっては肉眼で水漏れを確認できないかもしれません。

わずかににじんでいる状態が続き、それが24時間続いているとしたら、個人がはっきりと便器のヒビから漏れているとは言いにくいでしょう。
このようにはっきりわからないが便器にヒビがはいっているときは、簡単に考えずに修理業者に確認してもらうと良いでしょう。

便器とタンクの境目の水漏れも一緒にチェックしてみて!

便器の後ろ側やタンクの下の方に水漏れしている場合は、タンクと便器のつなぎ目にあるパッキンが劣化しているか破損している可能性が考えられます。

しかし、パッと見た感じではなんでこんな場所に水が漏れているの?と思うことが多く、結露したと思うケースも良くあります。
そのため、便器とタンクのつなぎ目あたりに水漏れらしき症状があるときは、境目も入念に確認してみてください。

目で見て便器とタンクのつなぎ目からの水漏れが確認できないときは、早めに水道修理業者に連絡して確認してもらうようにしましょう。

トイレの水漏れが止まらないなら水回り修理の専門業者に相談を!

しが水道職人は、湖南市・東近江市・大津市・彦根市・長浜市・近江八幡市・草津市・栗東市など滋賀県の全域をターゲットに水回りの修理を行う専門業者です。

トイレや風呂場、洗面所やキッチンなどの水漏れや詰まりなどでお困りの方は、些細な症状でもお気軽にご相談ください。

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315

しが水道職人(滋賀水道職人) 0120-492-315